2021.12.27 Mon.17:00~18:30開催

QuizKnockに学ぶ、データ活用とファンづくり

受付終了

セミナーの概要

皆さんは、東大発の知識集団「QuizKnock(クイズノック)」をご存知ですか?

「楽しいから始まる学び」をコンセプトに
●Youtubeチャンネル登録者数は合計250万人強
●WEBメディアの月間PV数は数百万
を誇る、10~20代の若者を中心に大人気のクリエイター集団です。

このように、多くのファンに愛され続けているQuizKnockは、
最近「データ活用」に取り組み始めています。

本セミナーでは、
●「東大王」などでも有名な、QuizKnockの代表・伊沢氏
●QuizKnockを運営する株式会社baton創業者の衣川氏、マーケティング部長の前田氏
をお招きし、彼らが取組む「データ活用とファンづくり」について生々しくお伺いします。

Youtubeのような外部プラットフォームや
自社のオウンドメディアで取得できるデータを
いかに分析し、いかにファンづくりに活用しているのか。

会社規模や業界にかかわらず、
--------
●顧客のファン化やLTV向上、吸着度強化に取り組んでいる方
●データ活用を組織に根付かせたい方
●顧客体験を高め続ける組織づくりのヒントを得たい方
--------
に向けて、役に立つお話を引き出してまいります。

QuizKnockを、ビジネス観点から大解剖する貴重な機会です。
ぜひお早めにお申し込みくださいませ。

  • 日程
    2021年12月27日(月)17:00~18:30
  • 実施形態
    オンライン開催
  • 参加費
    無料
  • 主催
    株式会社ビービット

講演者のご紹介

株式会社QuizKnock CEO 伊沢拓司

2016年にWEBメディア「QuizKnock」を立ち上げ、2017年から同名のYouTubeチャンネルにて活動。現在運営している4つのチャンネルは総登録者数250万人を超える。『東大王』『アイ・アム冒険少年』『林修の今でしょ!講座』等のテレビ番組にもレギュラー出演し、幅広い世代に「楽しいから始まる学び」を届けている。

株式会社baton 代表 衣川洋佑

ERPベンチャーでの製品開発・新規事業開発を経験後、2013年10月株式会社batonを創業。対戦型問題集(アプリ)や自動車学校向けクイズサービスの開発を行う。2016年10月に伊沢拓司とクイズを使った知的メディア「QuizKnock」の運営を開始。「遊ぶように学ぶ世界」の実現に向けて学びを良くするサービスの開発に取り組む。

株式会社baton 前田徹哉

大学卒業後、西武百貨店(現そごう・西武)入社。その後PwCコンサルタント(現日本IBM)を経て、スクウェア・エニックスに入社、オンライン事業部長としてECやコミュニティを統括。2011年10月にタワーレコード入社、オンライン事業本部長としてECの統括の任に従事。2019年4月にビービット入社。SaaSセールスのシニアマネジャーを経て、2021年1月より「QuizKnock」を運営する株式会社batonに参画、マーケティング部部長。中小企業診断士。著書に「売り上げを倍増させる“顧客勘定"マーケティング “赤字顧客"を黒字に変える実践手法」がある

株式会社ビービット 藤井 保文
執行役員CCO 兼 東アジア営業責任者
一般社団法人UXインテリジェンス協会 事務局長

1984年生まれ。東京大学大学院修了。
上海・台北・東京を拠点に活動。国内外のUX思想を探究すると同時に、実践者として企業の経営者や政府へのアドバイザリーに取り組む。
政府の有識者会議、FIN/SUM、G1経営者会議など「アフターデジタル」に関する講演多数。
アドバイザリーでは小売、金融、メーカー、インフラ等の様々な企業において、UX/DXから経営やビジネスモデル、顧客価値を抜本変革する取り組みに関わる。AI(人工知能)やスマートシティ、メディアや文化の専門家とも意見を交わし、新しい人と社会の在り方を模索し続けている。
『アフターデジタル』シリーズ(日経BP)の続編であり、実践的な方法論を記した『UXグロースモデル』と、オンラインフェス「L&UX2021」における世界のトップリーダーの議論をまとめた『アフターデジタルセッションズ』を、2021年9月に2冊同時出版。
AFTER DIGITAL Inspirationでは編集長として情報を発信中。

株式会社ビービット 佐藤 駿
UXインテリジェンス事業部 
プロダクトマーケティング(事業開発/営業開発)
チームリーダー

東京大学経済学部経済学科を卒業後、ビービット入社。
保険会社、金融系メディアなどのUX改善支援をコンサルタントとして推進後、
新サービス「USERGRAM」の新規営業 ~ 活用支援に従事。
累計50社以上のご支援経験をもとに、
現在はグロース業務の組織定着に向けた新方法論・サービス開発を推進中。

受付終了